不動産を売却するならまずは比較してみてください。

 

不動産を売るときの見積もり金額が業者によって全然違うことに気が付くでしょう。

 

最高価格で売却するには、一つでも多くの査定会社に依頼するのがおすすめです。

 

スマイスターでは最多45秒で見積もり可能です。

 

物件の内容と相場をチェックしてみてください。

 

 

 

 

スマイスターならスマホで簡単査定! 500万円も査定額に差が出る理由は一括査定

 

マンションや一戸建てなど不動産の売却を検討されている方も少なくないはずです。

 

ただ、近くに信頼できる不動産会社があるのであれば安心して売却することができるでしょうが、そういった不動産会社が見当たらない場合や相談した不動産会社の査定額が考えていた査定額と差がある場合は、

 

ネットで不動産価値や信頼できる不動産会社を調べる・探すことが不動産売却のファーストステップとなる方が多いです。

 

しかし、まだパソコンの扱いに慣れていないパソコン初心者の場合、

 

ネット検索が上手くできずに相場を把握できなかったり信頼のできる不動産会社が見つけられないことが多いかもしれません。

 

そういった場合に役立つのが複数の不動産会社(最大6社)の査定額を見積り比較ができるサイト「スマイスター」です。

 

スマイスターは10年以上の運営実績があり利用者は440万人突破、加盟店も約1,300社と日本最大級の不動産一括査定サイトです。

 

ここは大手不動産会社から地域密着型の不動産会社と提携しているため最適な不動産会社を見つけやすいですし、

 

最短45秒の簡単操作で複数の不動産会社に査定見積もりできますから、パソコン初心者でまだ操作が不慣れな方であっても問題なく一括見積もり比較ができる便利なサイトです。

 

特に不動産売却においては不動産会社にも物件種別によって得意不得意があるため

 

不動産会社によって査定額に大きな差が出る場合がありますから、同じ物件であっても不動産会社によって査定額が1,000万以上違う場合もあります。

 

そのため、わざわざ不動産会社に出向かなくても相場が把握でき、最高価格を提示してくれる不動産会社の見極めも簡単な不動産の一括見積もり比較サイトのスマイスターはメリットが多いというわけです。

 

また、スマイスターではサイトの利用にあたって個人情報の保護を徹底管理しているので、許可なしに物件情報や個人情報が公開されることはありませんし、
不動産売却の一括見積もり比較は無料で利用できるのでパソコン初心者でも安心して利用できるサイトです。

 

スマイスターで不動産売却の一括見積もり比較を行う場合はサイトのトップページから物件種別・都道府県・市区町村・町名を選択後に「最短45秒無料査定START」をクリック、

 

そして物件所在地の入力、専有面積や築年数など査定物件の情報を入力、お客様情報を入力、

 

最後に売却希望時期や依頼企業への要望を入力すれば査定依頼完了です。特に難しい操作はないですからパソコン初心者でも簡単に査定依頼ができます。

 

スマイスターの不動産査定価格は満足度第一位 見積もり依頼先によって売却価格にここまで差が出る?

 

不動産比較サイトのスマイスターは簡単なステップで複数の不動産業者に不動産の査定依頼を行い、

 

見積もりを比較する事ができる便利なサービスを提供しています。

 

提携している不動産業者は有名大手を含む日本全国の1300社以上で、

 

その中から売りたい物件の種類や地域に対応した会社の中から最大6社の見積もりが提出されるので、比較をしながら一番良い条件の会社と契約する事ができます。

 

申し込み方法は簡単でスマイスターの公式ホームページのメニューから「不動産売却」を選択すると表示されるコンテンツにあるフォームから入力して行きます。
まず、プルダウンメニューから物件種別と都道府県などを選択してから「無料で一括査定をスタート」のバナーをクリックします。

 

つづいて画面の指示に従って全ての必要事項の入力が完了すると、スマイスター独自のマッチングシステムにより物件のタイプや地域など条件に相応しい不動産業者が最大6社ピックアップされ見積もり依頼が送信されます。

 

その後、数日から1週間程度で各社からの見積もりが届けられるので、比較検討してから売却活動を依頼する会社と媒介契約を締結します。

 

最後に買い手が見つかると価格や条件を交渉して売買契約を締結するまでが流れとなります。

 

ここで重要なのが複数の不動産業者に依頼して比較検討できるというところにあり見積もり金額の提示は大きな判断材料ですが、

 

これまでの例では最大で100万円以上も見積もり額に差が出たケースもあります。

 

この100万円以上という数字は、もしも最寄の不動産業者のみに問い合わせをして他社と比較する事無く

 

提示額に妥協しながら売買契約を締結していたのかもしれないと考えると、

 

大切な物件を少しでも良い条件で売却したいのであれば決して小さくは無い数字です。

 

また、スマイスターを経由して見積もり依頼を受けた不動産業者もユーザーが複数の社を比較検討する事は明白なため、

 

そこに競争が生じ単独で行う見積もりと比較して僅かながらも高騰する傾向にあるのも見逃せないポイントです。

 

ユーザー個人が一軒一軒の不動産業者の実店舗に足を運んだり、問い合わせて自宅に訪問してもらうアポイントメントを取るのは大変な時間と労力を要しますが、それらの作業が自宅に居ながらにして実現します。

 

不動産業者同士の競争原理とユーザーが比較検討できるという相乗効果のあるシステムをワンストップで利用できるスマイスターは不動産価格満足度第一位として君臨し続けています。

 

 

スマイスターは誰にもばれたくない人におすすめ 匿名で不動産査定可能 個人情報保護、物件非公開で安心ポータルサイト

 

スマイスターは匿名で不動産査定が可能という特徴があります。

 

不動産査定をしたいという場合でも、自分が誰かを明かすことなく行いたい、住所や氏名、電話番号を明かしたくないということがあるでしょう。

 

もちろんこの中で住所に関しては物件そのものに直結してきますので全く出さないということは難しいですが、

 

少なくとも住所が明確に特定されてしまうような番地までは出したくないということは十分にあり得ることです。

 

不動産というのは価格の絶対値が大きいですから、それを扱う不動産会社にとっても物件1つあたりの利幅は大きなものになります。

 

それだけ1つの物件、1人の顧客に執着する意識が強くなってしまうのは避けられません。

 

自分を明かして査定依頼をした場合、その査定結果を自分がどう受け止めたかに関わりなく、その不動産会社からは必ず追加の連絡が入るでしょう。

 

営業マンが訪問してくるのも当たり前のことで、むしろ訪問してこないことのほうが珍しいかもしれません。

 

そして、これはもう他の不動産会社に決めたからといっても容易なことでは引き下がらなかったりします。

 

うちはこれだけ勉強できるといった具合に、しつこく営業を受けるということは十分にあります。

 

もちろん実際に売却が決まってしまえばそれ以上攻勢をかけても意味はありませんから収まるでしょうが、

 

そうでない限りは頻度は漸減するかもしれませんがいつまでも続くことでしょう。

 

これは、そもそも売却するつもりなどあまりなかったという場合であっても同じです。

 

単に所有物件の相場を知りたいだけとか、将来的には例えば相続などで売却することもあるかもしれないので予め価格を確かめておきたいだけであって、

 

現状では売るつもりはさらさらないという場合もあるでしょう。

 

そういう場合であっても営業活動を行う不動産会社からすれば全く何の関係もありません。

 

というか、そういう状況のほうがライバルに先んじることができるとばかりに勢い込んで営業にやってくることもあります。

 

こういう状況を、それだけ所有物件のことを気にかけてくれてありがたいと思う人なら話は別ですが、

 

極めて煩わしく鬱陶しいだけと考える人であれば少なくとも最初の査定依頼はスマイスターで匿名にて行うことをおすすめします。

 

最初に匿名で依頼して必要なときに自分を明らかにすることはいつでもできますが、

 

一旦自分を明かしてしまえば後から匿名にするようなことはできないからです。

 

 

スマイスターで不動産売却する際のわかりやすい仕組みをチェック 現在の相場に合った査定会社と出会いたい

 

スマイスターは不動産売却したいときにまずアクセスすべきサイトです。

 

ただし、ここで不動産売却をするといっても、スマイスター自身が買い取ってくれるわけでは決してありません。

 

一体どういう仕組みなのかといいますと、ここは査定の依頼をしてくれるサイトなのです。

 

このサイトには多数の不動産会社が登録されていて、

 

売却を考えている不動産の情報を入力すると、条件にあった会社に対して自動的に見積もりの作成依頼を行ってくれます。

 

査定とか見積もりというと何か複雑そうに思えるかもしれませんが、簡単に言いますと要はオークションのようなものです。

 

最近ではインターネットのショッピングサイトで買い物ができるだけではなく、オークションサイトで要らなくなったものを売ることも自由にできるようになりました。

 

かつては何かを売るとなれば、専門の中古ショップに持ち込むとかフリーマーケットで販売するくらいしか方法がなかったことから比べると大きな様変わりです。

 

オークションでは、出品した品物に対して買いたいと思った人が値段をつけます。

 

他の人がつけている値段を見て、自分はそれ以上に高くても買うと思えば、より高い値段をつけることもできます。

 

そうして最終的には一番高い値段をつけた人が落札ということになり、自分のつけた値段と引き換えにその商品を手に入れることになります。

 

このような方法は買い手と売り手の両方にとって納得の行くものです。

 

買い手は、あくまで自分がその値段までであれば出せるという値段しかつけないわけですから、その値段には納得しているはずです。

 

納得できないような価格であれば初めから値段をつけなければ良いだけのことです。

 

一方で売り手にとっても、複数の人がいろいろと値段をつけた中で一番高い値段で売ることができるわけですから、普通は不満など残るはずはないでしょう。

 

ただ、オークション参加者が少ないなどの理由により、

 

その中での一番高い値段ではあっても売り手としてはなお不満が残るとか、

 

今回オークションに参加していない他の人ならもっと高い値段をつけるはずだと思えば、売り手としては売らないという選択肢をとることも可能です。

 

一番高い値段をつけたにもかかわらず結局買わないというのはルール違反ですが、一番高い値段ではあっても売らないというのはルール違反ではありません。

 

 

スマイスターの査定や見積もりも分かりやすく言えばこのようなオークションと全く同じです。

 

売れないと業者からいわれたマンションがまさかスマイスターに依頼して1週間で買い手が見つかった

 

スマイスターは2017年の一年間で440万人もの利用があった不動産売却サイトです。

 

不動産の種別とその所在地だけの経った45秒の入力で査定の見積もりを依頼することができます。

 

全国1300の不動産会社と提携をしていて、その会社の中で見積額を比較することができます。

 

スマイスターで査定を依頼し、複数の不動産会社に見積もってもらった中で契約をすることができれば5000円のギフトカードのプレゼントがあるという特典もあります。

 

不動産の査定額は、その物件の特徴や立地条件など物件の内容と、不動産市場での相場、需要の有無などによって算出されます。

 

提携している1300社の不動産会社には、マンションを得意とする会社、戸建てを得意とする会社、物件があるその土地に詳しい会社、ファミリー向けの物件を良く取り扱う会社などそれぞれ得意な分野を持っています。

 

そのため同じ物件でも相場歯考慮したうえで会社によって査定額は異なってきます。

 

またそれぞれの会社で同じような物件の問い合わせがよくあり、需要があると判断されれば査定額も上がります。

 

さらに今後相場が上がると見込んでいる物件や立地の内容にも会社によって差があるので、強気で高く査定をするところもあります。

 

スマイスターの利用で、売れないといわれていたマンションが依頼して一週間で買い手が見つかったという人もいます。

 

いくつかの不動産を回り相談をしたのですが売れないといわれ、賃貸にするにしても200万円近くのリフォーム代が必要といわれていましたが

 

ネットでスマイスターの広告を見つけ一括査定を依頼したところ、思っていたよりも高い査定額を提示してくれ、

 

どの会社の担当者もきちんとしていて、その中でそのマンションの近くの不動産会社と契約をしたということです。

 

その担当者の「売る自信がある」という熱意が伝わり2月末に契約をすると翌週には内覧者が複数入り、そのうちの一組が購入したということです。

 

初めに提示した額より少し下げる方がいいという提案に応じたことで本当に早く結果が出たということです。

 

他にも体験談がサイトには記載されていますが、どの型からも「担当者の対応が良かったこと」「迅速に対応してもらえたこと」「的確なアドバイスをもらえた」「売却にはタイミングが大切だと知った」などがあげられ、

 

またスマイスターに関しても「会社によって査定額が異なるのは知らなかった」「一軒一軒の不動産を回るよりずっと便利」などの評価がされています。

 

一軒家をスマイスターに売りに出してわずか3週間で売却!住み替え検討中の方におすすめな理由

 

スマイスターに住宅の売却を依頼することで、短期間に売却をすることが可能です。

 

3週間程度で売却することもできますが、そのように短期間で売却できる理由はいくつかあります。

 

その一つは、信頼できる業者に査定をお願いできることです。

 

スマイスターが紹介してくれる不動産会社や住宅業者の詳細なプロフィールを見ることができ、信頼できるところをはじめから選ぶことが可能になります。

 

これにより、最初の出だしの段階でもたつかずスムーズに査定をしてもらうことが可能です。

 

査定依頼をする場合は、最高で8社まで行うことができるため、それぞれの業者の査定額を比較することができ、より有利な条件で売却可能になる点も見逃せません。

 

パソコンに入力する場合は、売却に詳しくない人でも簡単にできるようになっているのが特徴です。

 

最初に不動産売却ボタンをクリックしその中に査定のボタンが出現しますので査定ボタンをクリックすると物件のタイプや都道府県を記入するところが現れます。

 

専有面積などが分かれば可能な限り入力し間取りと築年数そして物件の名義がどのようになっているかまで記入することで、明確な情報を相手の不動産に送ることができるでしょう。最後に売却の理由を記入すれば終了ですので1,2分で入力が終わります。

 

住宅の売却には情報を得ることがとても重要になりますが、情報の一つとして専門家のコラムを参考にすることができます。

 

素人だとなかなか判断できない住宅の情報も、専門家のコラムによって専門的な知識を得ることができ、結果的に有利な条件で売却することも可能です。

 

素人にはわかりにくい相続時の税金の支払いなどや諸費用も学ぶことができ、難しい内容もわかりやすくて参考になります。

 

客観的な情報として、利用者の評判や口コミも参考にすることができます。

 

不動産会社が出している自社の口コミや評判などは自社にとって有利なものばかりを並べているため参考にならないことがありますが、

 

第3者的な利用者が口コミや評判を書くことで客観的な情報を閲覧できるでしょう。

 

口コミや情報の重要性は、単に件数が多ければよいわけではなく良い情報とそうでない情報のバランスが重要です。

 

両方の情報を見比べたうえで判断することができれば、より魅力的な不動産会社を選ぶことができます。

 

一方的な情報だけでは判断しにくい場合もありますが、このようなときにはお客様専用のフリーダイヤル窓口を利用して質問をすることが可能です。

 

わからないことがあるときには、遠慮なく相談をしてみるのが早急に解決するための方法になります。

 

マンションの買い替えならスマイスターがおすすめ 不動産売却を検討しているなら

 

マンションを買い換えようと考えていて、いま住んでいるマンションを売却しようと思ったときにはどのように行動すればよいでしょうか。

 

ちょっと考えると、購入しようと思っているマンションを販売している不動産会社に相談すればよいだろうと思う人もいるかもしれません。

 

これは確かに分かりやすい方法です。新車を買うときの下取りと同じようなイメージかもしれません。

 

しかし、分かりやすい方法ではありますがこれでいま住んでいるマンションが高く売れるという保証などどこにもありません。

 

購入先の不動産業者が今のマンションを適切に査定してくれる保証などないからです。

 

同じ不動産会社であるというだけで、そのマンションの価値、周辺環境なども含めて理解しているとは限りません。

 

こういう場合に最もおすすめな方法は、スマイスターのような不動産査定会社に査定を依頼することです。

 

あまりスマイスターのことをよく分かっていない人は、

 

結局はスマイスターだってそのマンションの価値を十分に理解しているとは言えないのではないかと訝しんだりしますが、これは当てはまりません。

 

というのは、自分自身が査定しているのではなくて複数の不動産会社に一括して査定を依頼しているからです。

 

この、複数の不動産会社に査定を依頼するということは非常に重要です。

 

単純に、一番高い値段をつけてくれた不動産会社に売却すれば後悔するようなことは起こりません。

 

ただ、注意しておかないといけないのはここでの一括査定が最終的な決定額ではないということです。

 

最初の査定はあくまで紙の上での評価であって、実際の買取額は物件そのものを目で見ないことには判断がつかないからです。標準的な物件よりもメンテナンスが行き届いていてより高額で売れることもあるかもしれませんし、その逆もしかりです。

 

ですから、流れとしては一括査定で高い価格をつけてくれた不動産会社にこちらから連絡し、実際の物件を見に来てもらうよう依頼するということになるでしょう。

 

あるいは不動産会社によっては向こうから連絡してくるかもしれません。それにどう対応するかは自分の判断次第で、断ってももちろん構いません。

 

自分の手でそれぞれの不動産会社に査定を依頼していくというのはなかなかに大変ですが、それを一括してまとめて行ってくれるわけです。

 

もちろん査定依頼は全て無料です。場合によっては不動産会社の間で数百万円も査定額に差が生じることは珍しくありません。

 

 

スマイスターは24時間スマホからネットからでも査定可能 利用者数440万人突破! 実績と高額査定が可能な理由とは

 

スマイスターは多くのユーザーに利用されており、その利用者は440万人を突破したと言われています。

 

そこまでの実績になる要因としては歴史の深さとそれに伴う信頼の厚さがあります。

 

スマイスターは2006年にサービスを開始するなどインターネットでの査定という分野がまだ確立されていない時代にサービスを始めています。

 

そのため、他のサイトに先行して様々な経験やノウハウを重ねてきました。それが信頼の獲得につながっており、参加する業者の質の向上にも役立てられています。

 

質が向上すればよりお客さん本位の査定に結びつくのが自然な流れです。

 

質が高いことを示すものとしてはスマイスターに参加する業者の違いがあります。他の会社では1000社を超える不動産業者が参加していますが、

 

スマイスターではそれよりも下回る会社数で運営されています。

 

参加する業者が少ないということはそれだけ活発な動きにはならないのではないかと思いがちですが、悪徳業者を排除し一定のレベルを保つために厳選していると考えれば参加している不動産業者が少ないことも納得できます。

 

何が何でも契約を勝ち取ろうと無理をする業者はいるものです。そうした業者をできるだけ排除することもとても大事です。

 

もしこうした業者をそのままにし、何も知らないという態度をとっていると利用者の印象を損ないます。

 

不動産は大きな買い物であり、その損失はかなりのものです。

 

そうするとあそこで大損してしまったと口コミサイトで書かれようものなら、それが悪評となって一気に広まります。

 

インターネットの査定サイトの怖いところは口コミが入り込みやすいという点です。

 

スマイスターが長く続けてこられたのもこうしたことを重視しており、お客さんに寄り添った対応をしてきたからです。そして多くの信頼を勝ち取り、安心して利用してもらえる場となっています。

 

高額査定が可能なのは、色々な査定方法があり仲介だけでなく買取査定もしてくれる点です。

 

仲介査定では場合によっては売れ行きから設定金額を下げざるを得ない状況になることもあります。

 

その点買取は業者に買い取ってもらうため、査定額がそのまま売却額となります。

 

もちろん、瑕疵があれば削られますが悪徳業者でなければ買い叩くようなことはしません。

 

この時に最初から悪徳業者は存在しないような状況となっており、純粋に値段での勝負を行えます。

 

こうしたことが高額査定につながっていき、さらなる信用へと結びつきます。

 

スマイスターで損なく不動産、マンション売却!どこの会社に問い合わせたらいいかわからない スマイスターで査定額をラクラク比較

 

利用していない土地や一戸建て、マンションなとのマイホームを売却する場合には、個人として購入希望者を見つけてきて直接取引ができればもっとも合理的ですが、そうしたことはなかなか難しいのが現実といえます。

 

一般個人が広報宣伝をするために活用できるツールは限定されていますし、不動産取引についての法律を含めた知識やノウハウも持ち合わせていないのが普通です。

 

こうした場合に備えて、地域の不動産会社と媒介契約を締結して、売却についての業務の一切を依頼する代わりに、売却ができた場合には仲介手数料を支払うことがよく行われています。

 

媒介契約を締結するに当たっても、不動産会社であればどこでもよいわけではなく、物件ができるだけ高い価格で売却できるように、親身になって相談に乗ってくれる実力のある会社を選ぶことが不可欠です。

 

もっとも不動産会社と日常的に接点のある人も珍しく、いざという時にどこに問い合わせてよいのかわからないことがあります。

 

こうした場合にはスマイスターのような不動産売却のための一括査定サイトを利用すると便利です。

 

スマイスターの公式サイトのなかには、物件の場所や間取り、築年数などの簡単な項目を入力できる専用のフォームが用意されています。

 

ここに必要事項を入力して送信すれば、全国各地に所在する登録済みの不動産会社に対して、査定依頼をいっせいに行うことができるシステムになっています。

 

インターネットを活用すれば、自宅にいながら一瞬で依頼ができるため、これまでのように地域で営業している不動産会社の店舗を探したり、そこに直接出向いて依頼をする手間が省けます。

 

しかも複数の会社の査定結果を比較検討することができるところもポイントです。一社だけでは査定された金額が果たして相場を考慮した適切なものかどうかがわからず、不動産会社のいいなりになってしまうことがあります。

 

もしも高額での売却を目指すのであれば、やはり複数の会社を比較して、もっとも高い査定価格を提示した会社を抜き出した上で、具体的な相談に持ち込むことが必要です。

 

不動産会社が変わるだけでも査定価格は何割も上下してしまうことがあります。これは不動産会社によって得意分野が異なる上に、居住物件や収益物件などの種類の違いに応じて査定方法が変わるためです。

 

こうした違いを見つけ出す意味でも一括査定サイトは有効性が高く、めったにない機会に損をせずに売り抜けたい場合には不可欠のサービスといえます。

 

 

不動産を少しでも高く売りたいならスマイスターがおすすめ! マンション査定額の見積もり比較 ぴったりの不動産会社

 

大切なマンションを安く売りたくない、そういった場合は不動産の評価に強みを持つ査定の利用が不可欠です。

 

スマイスターは名前から想像できる通り、住まいの多くを知っているマイスターだといえます。

 

不動産売却ならまず比較と強く訴え掛けていますから、何故そうなのかを理解して利用を検討することがポイントです。

 

大切で価値があると信じていたはずなのに、結果的に不動産を安く売ってしまうケースには理由があります。

 

例えば査定で受けた見積もりの結果が絶対だと信じたり、これが最高額だと思い込むなどです。

 

タイミングを逃せば安くなってしまう、そのような考えも経験者からは共感されますが、それは焦り過ぎなので冷静さが問われます。

 

スマイスターの見積もりでは、簡単操作の最短45秒で依頼の完了です。

 

申し込みの完了後は、1300社を対象に見積もりの依頼相手が厳選され、各社からそれぞれ査定結果が出されます。

 

各不動産会社は一括査定が依頼されていること、他社も同様の条件で引き受けている二点を知っているので、ライバルに負けじと好条件で見積もりを行います。

 

 

結果として、一括査定経由の査定は公平かつハイレベルで、時には各社間で僅差を付けることもあります。

 

しかし大切なのは非一括査定と比較した場合であって、ケースによっては1000万円もの違いが生じることです。

 

ここまで大きな差が現れる理由は、不動産会社によって得意な物件が異なる、あるいは最近同様の案件を引き受けた企業に査定依頼を行うなどです。

 

スマイスターでは依頼に近い条件の案件の取り扱いを経験していたり、高くても売れる事例を知っている企業が見積もりに選ばれます。

 

これが簡単申し込みの一括査定で実現しますし、売却は高値に結び付く結果となって売り手側の満足度が向上します。

 

スマイスターは不動産価格の満足度第1位と、利用したい不動産ポータルサイトの第1位を獲得している実力派です。

 

年間利用者数が440万人を突破していますから、こちらの数字も見逃せないものとなっています。

 

直接不動産会社に依頼する従来の方法では、相場より安い評価が付けられてもそれに気付くのは困難です。

 

所が1300社を対象とした一括査定であれば、そのような心配が拭えるばかりか、むしろ高額見積もりの期待感が高まります。

 

過去最高額の見積もりと売却も夢ではなくなるので、

 

手放したい物件にぴったりの不動産会社を見付けたくなったら、スマイスターを利用するのが有効です。