家の買い替えの際にまずは売る準備をする?買う準備をする?マイホームが売れるかどうか不安

 

新しい住まいへと移ろうという事を考えている方もいるでしょう。

 

お子さんが大きくなり、より部屋数の多いところに住み替えをしたいという方や、お子さんが巣立ってもう少しコンパクトなところへ住みたいという方、住む場所を変える必要がある方など、状況は様々です。

 

しかし、現在の住まいが持ち家で新しい住まいも購入するという場合には、売るのと買うのとどちらが先のほうが良いのか迷ってしまう事もあるでしょう。住宅は大きな額が動くことになるので誰もが慎重になります。

 

そのため、売りたいタイミングで必ずしも売れるというわけではないという事は頭に入れておきたいものです。こうしたことを考えたうえで、どちらから取り組んでいくかという事を考えていきましょう。

 

まず先に買う場合について検討してみます。メリットとしては確実に新しい住まいを確保することができるということがまず挙げられます。

 

これから長く住む場所で住み始める時期が決まっている場合などは、その時期に合わせて購入を先に検討しておくのがおすすめです。

 

仮住まいで暮らしていて後から購入するという形もありますが、近所の関係やお子さんの学校のことなどを考えるとはじめから落ち着いた住まいを準備しておきたいものです。

 

さらに新しい住まいに移ってから、空っぽになった住まいを公開することができれば、実際に状況を確認できるので借り手としても購入しやすくなるでしょう。

 

住んでいる状態ではなかなか公開することができませんから、新しい住まいに移ってから買い手を探すことでのメリットは大きいです。

 

しかし、先に購入してしまう事でのデメリットも存在します。

 

現在のローンがまだ残っていて、さらに新しい住まいのためにローンを組むという場合、条件によっては難しいことも多いからです。

 

後から売却するということになるといつ売却代金が入ってくるかわかりません。

 

もちろんある程度金銭的に余裕がある方は問題ありません。

 

しかし、ぎりぎりの状態で二重にローン返済を負担することは生活に大きな影響を与える場合もありますし、場合によっては破たんにつながってしまう事もあるのです。

 

どれぐらい余裕があるかという事は考えておきましょう。なかなか売れないと負担は大きくなりますし、安くても妥協せざるを得なくなることもあります。

 

自分の経済状態などに応じて考えていきたいものです。

 

先に売るという形はどうでしょうか。メリットとしてはしっかり今の家が売れてから新しい住まいを購入することになるため、二重にローンを組むといったことが必要なくなります。

 

これ以上ローンが組めないという方は先に売ることを考えたほうが良いでしょう。

 

先に売るなら急ぐ必要もなく納得いく条件で売却することができるので、後で損をしたと後悔することも少なくなります。

 

売却で得られた金額をもとに購入するのにいくらかけられるかという事を考えることができるのも嬉しいところです。

 

もちろんこちらにもデメリットは生じます。売却が決まりすぐに立ち退く必要が出た時に、次の家を購入できていなければ仮住まいなどで生活する必要が出てくるのです。

 

その間の家賃はかかりますし、借りる際には敷金礼金、引越し費用などかなりの出費があります。

 

家賃は住んでいる以上覚悟できる出費ですが、それ以外の費用や引越しの労力を考えると負担が大きくなります。

 

しかも新たな住まいを手に入れたらもう一度引っ越しをしなくてはなりません。

 

金銭的な負担だけではなく、お子さんがいる場合などは引っ越しにかかる労力や精神的な面からの負担を感じることもあるでしょう。

 

できれば引越しは一回で済ませたいものです。

 

それを考えるとデメリットが大きくなります。

 

大人だけの世帯や引越し規模が小さい場合などはそれほど負担にならないかもしれません。

 

こちらもやはり条件次第と言えるでしょう。

 

こうした負担を減らすために急いで新たな物件を買おうとすると、様々な点で妥協をしなくてはならなくなり、今後の生活に影響を及ぼすことにもなります。急がなくても済むような状況であれば先に売るという形で考えていくのが良いでしょう。

 

どちらの形にしても一長一短があります。

 

自分自身の状況や家族の状況がどうなのかという事をまずは確認しましょう。

 

ローンをこれ以上組めないという事であれば売ることを優先する必要がありますし、子供の入学などを控えていて確実に新しい場所での生活を始める時期が決まっているのであれば買いを先にするということが必要になります。

 

さらに、不動産の人気が高い時期に売り、人気がない時期に購入するということが最もお得になります。

 

不動産は金額が大きなものですから、ちょっとした差のようであってもかなり大きな額の違いとなることもあります。

 

こうした相場についてもある程度考えておいて時期を決めていくのもよいでしょう。いずれの形をとるにしても、まずは情報収集から始めていきましょう。