マンション買ったあとに転勤!マンションを売却するか、賃貸に出すかどちらがお得?

 

マンション買ったあとに転勤が決まってしまい、元住んでいたマンションを売却するか、賃貸に出すかは迷うところということになるでしょう。

 

これはその時の考え方や条件で変わってくるという事にもなるでしょう。つまり、どうすべきかは個々に変わってくるという事になるはずです。

 

まず転勤というのがずっと帰って来られるのかということは調べておく必要がある。それは過去の転勤者の動向を見れば分かるはずです。

 

似たような状態の人がいればその人に聞くのもいいかも。すると帰って来られるのか、帰るという事が条件なのかという事が分かってくるはずです。

 

この時に重要なのは会社のいう事よりも前例の方が信用できるという事です。会社は転勤させるときにすぐに呼び戻すといいながらほとんどそれをしないという事はよくある事です。

 

行ったきりで何十年も放置というのは珍しいことではありません。ですから会社の言っている事よりも前例で調べていくとその転勤の状態が分かってくるはずです。

 

前任者がいる場合は前任者がどれぐらいで帰ってきたのかということを調べると自分の転勤というのがどれぐらいになるのかがだいたい分かるはずです。

 

帰れるというのであれば、賃貸にしておくというのがいいのかもしれません。

 

期間を限定しておくという契約も出来るので、そうした期限付きの契約で自分たちが転勤から帰ってきた時には自分たちが使えるようにするというのは上手い資産の活用方法といってもいいでしょう。

 

マンションを売却すると税金もかなりかかりますし、また買うとなると手間もかかりますから、帰って来られるというめどが付いているのであれば賃貸という方がいいのかもしれません。

 

一方で帰って来られるめどが立たないというのであればこれは売ってしまうというのも一つの考え方です。

 

家を売買するというのは出来るだけ避けた方が手間もかかるのでいいのですが、使わないものを持っていても仕方がありません。

 

売却するのはすぐに売れるかどうか分からないというリスクもあるのですが、賃貸にするにも帰ってこないというのであれば、管理会社とコンタクトを取るのも大変になったりします。

 

遠隔地からだと管理会社の監督もなかなかしにくいということもあり、賃貸にするよりは売却してすっきりした状態にして転勤に行くという事を考えた方がいいかもしれません。

 

賃貸にすると安定して収益を稼ぐことが出来る物件となることも考えられますから、これはかなり投資的に考えても魅力があります。

 

というのは転勤ということは会社から転勤手当てが出るでしょうから、これはかなり大きな収入アップとなることは間違いありません。

 

それでいて、自分の家からは毎月収入となる賃料が発生するわけですから、これはかなり魅力的な資産活用方法という事になるでしょう。

 

この物件からの賃料で生活をするわけではないでしょうから、高い賃料にする必要はなく、かなり低い賃料を設定することが出来て、人気物件となりやすく、安定した収入となることが考えられます。

 

自分の買った家に住めないという事はありますが、仕事での収入は増えてねさらに資産活用による収入アップも見込めることになり、これはかなりの大幅収入増を期待することが出来る状態となることが考えられます。

 

その一方で売却をしてしまうと、これはその時の価値で売るしかないはずですから、あまり利益が出るという事はないでしょう。

 

賃貸にするわけではないので、不動産会社とさまざまな相談をする必要が無いという事はメリットという事が言えるかもしれませんが、賃貸にするような時の大幅収入増というような期待は出来なくなります。

 

その代わりに一気に多くの現金が入ってくることにはなるはずですから、それを活用するという事も出来るようになります。手元資金を直ぐにでも増やしたいというような場合であれば、この売却という選択をする考えもあるはず。

 

このように売るにしても賃貸にするにしても、それぞれにメリットとデメリットがあるので、これらを慎重に吟味して自分が何を重視するのかで決めるという事になるはず。

 

一概にこちらがベストという事が言えるような事ではなく、個々の環境や考え方、その時の懐具合などで大きく変わってくることになるのと言えます。

 

概していうと、直ぐに資金が欲しいというような場合であれば、売ってしまうという方がいいかもしれませんし、長期にわたって安定した収入を獲得したいというのであれば、賃貸にするという方がいいかもしれません。

 

選択は何を重視するのかということで変わってくるわけで、収益というものを重視すれば賃貸、手元資金を増やしたいというのであれば売るということになりそうです。

 

ただ、売るにしても賃貸にするにしても不動産屋と相談をして慎重に決める必要があると言えるでしょう。

 

不動産は売るにしても活用するにしても書類をいろいろと作る必要があるので、そうした手間がかかる事は覚悟する必要があります。