不動産査定価格はいくら?家売却費用は簡易一括査定がおすすめ 口コミで評判の理由

 

自宅や所有物件を売却する際に知っておいてほしいこと

 

不動産仲介会社に査定額を提示してもらう

 

自分の売りたい額と比較

 

所有不動産の売り出し価格を決めて、市場に出し申し込みを待つ。

 

必要以上に低い額で売って損をしないためにも、当サイトを参考にして高額査定を実現してください。

 

不動産の査定額は見積もりによって大きく異なる業界です。

 

だからといって、高く売りたいから相場を無視して高値でだしても売れません。

 

市場に出す価格=売り出し価格

 

という公式はありますが、基本的には相場にのっとった形でいかに値段を上げられるか?

 

ここがポイントになります。

 

少しでも高く不動産を売りたいなら、一社でも多くの見積もりを取ってください。

 

 

最大6社からの見積もりが出せます。
全国1000社以上の売却シミュレーションを比較し、
最も高く売れる業者とマッチングしてくれるので非常に便利。

 

10年を超える運営実績があるのもイエイの安心感ですね。

 

最短60秒で一括査定が無料でできるので、

 

気軽に所有物件を出してみてください。

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

イエイ不動産売却査定 詳細ページ

 

 

 

不動産を売却するならまずは比較してみてください。

 

不動産を売るときの見積もり金額が業者によって全然違うことに気が付くでしょう。

 

最高価格で売却するには、一つでも多くの査定会社に依頼するのがおすすめです。

 

スマイスターでは最多45秒で見積もり可能です。

 

物件の内容と相場をチェックしてみてください。

 

 

 

スマイスター不動産売却の詳細

 

 

 

60秒の入力だけで、最大6社の査定額が比較できます。

 

住所と物件所在地、

 

おおよその間取り、築年数がわかればすぐに査定開始です。

 

全国1200社を超える不動産会社が参画しているイエウール、

 

おすすめできる不動産売却査定サイトです。

 

 

イエウール不動産売却 情報

 

 

不動産査定ソフト種類を徹底比較!おすすめソフト 有料無料どちらがいい?

 

これからマンションや戸建てなど不動産を売りたいと考えている人は、まず不動産売却相場を知る必要があります。そのために不動産査定ソフトによる計算で、買い替えるための資金になるか、ローン残高を一括返済できるかどうかを知ることになります。

 

では、実際に使用するとして、不動産査定ソフトはどのような種類があるか、それぞれの特徴やおすすめなどを確認してみましょう。現在利用できる不動産査定ソフトは、有料と無料を含めても「価格査定マニュアル」、「標宅プロ」、「Excel_売買ナビ」の3つとなります。

 

馴染みのない人には知らない名前ばかりかもしれませんが、前者2つが有料版で、残りが無料です。価格査定マニュアルは不動産会社の営業がよく使用するソフトで、利用料3,240円、査定可能な不動産はマンション、戸建て、土地と個人居住用不動産のみに対応します。

 

元々はCD-ROM版での提供でしたが、平成27年にはウェブ版が登場し、現在はタブレット端末などを使用してウェブ上で価格査定を行います。査定できる条件が限定的ですが、専門家も認めるほどのソフトであり、査定表がきれいに出力されるのが魅力となっています。

 

標宅プロは不動産鑑定士がよく利用しているソフトで、価格は125,000円、査定可能な不動産は住宅地、商業地、工業地などで、規模の大小を問わず査定できます。ソフトが高額ですが、不動産鑑定士専用となっており、地価公示価格を求めることから取引事例比較法や土地残余法にも適用します。また、取引事例カードの作成もできるのですが、不動産鑑定士以外が使用することはないでしょう。

 

最後のExcel_売買ナビはフリーソフトとして存在するため、費用はかからず、誰でも自由に使用することができます。名前通りエクセルを使用するソフトで、残念ながら基本は不動産取引で必要となる費用を算出するものであり、不動産の査定額を算出するものとは異なります。固定資産税の清算金等、ローン計算なども可能で、不動産業者が使用するのに便利なソフトとなっています。

 

それぞれの特徴を見るとわかるように、不動産業者や不動産鑑定士などプロの人が使うソフトのため、一般の人が利用するには難しいです。有料や無料の問題よりも、如何に汎用性をもたせてあるかが鍵となっているため、専門家向けのソフトではおすすめというには厳しいところでしょう。

 

どうしても使ってみたいというのであれば、まずは無料版から見てみると良いかもしれません。

 

 

不動産査定書の作り方 自分で査定書を作ったほうがメリットあり!売却提案書を簡単に作る

 

不動産を売却する際にはその不動産の価値を知るために査定を行ってもらうことが一般的です。そのため不動産査定書を作成する際には不動産会社に依頼し作成してもらうと言う人がほとんどですが、これよりも自分で作成を行った方がさまざまな情報を入手することができ非常にメリットが高いと言われています。

 

不動産査定書は不動産を売却するために必要な情報が網羅されているとして重要なものです。一般的に不動産を評価する場合、周辺相場や土地の場合には土地の大きさ、住宅の場合にはその広さや築年数などが価格を決める重要な要素となりますが、これだけでは不動産を売買する際に重要な情報とは言えません。不動産には様々な隠れた問題が発生することも多く、これらのリスクを減らすために様々な情報を集め、これらの状況をもとにその価値を判断するということが必要になります。

 

 

一般的に不動産査定書の中には様々な不具合点についても詳細に記載されていることが少なくありません。売買を行う際にその点について買主に了解をしてもらい、これらの条件を踏まえた形で価格を設定してもらうためです。逆に売買の時点で明確ではなかった問題が発生した場合、この責任をどちらが負うのかを事前に定義しておく必要があり、これらは瑕疵担保責任と言う言葉で表現されています。問題が発生した場合には売主が責任を持って対応すると言う内容について定義を行うことも重要です。

 

 

不動産売却相場はこれらの様々な条件を積み上げることによって成り立っていますが、不動産業者などに依頼した場合にはこれらの様々な条件を十分理解することができない場合が少なくありません。その大きな理由は不動産業者は自社のこれまでの経験をもとに様々な価格を設定するほか、瑕疵担保責任においては一般的な経験の範囲で設定することが多く売主に対して詳細を確認しないことも多いためです。これらの条件は基本的に不動産の業界では通例となっているものですが売主にとっては大きな問題となってしまうことも少なくありません。

 

 

不動産査定書を自分で作るメリットは不動産売却相場を十分に把握し、また業界のしきたりも十分に理解した上で自分で価格をしっかりと決めることができると言う点にあります。また瑕疵担保責任についても自分で定義することができます

 

不動産査定書を自分で作るのは難しいと考えている人が少なくありませんが、最近ではインターネット上で様々なサンプルが掲載されている方が、作成の方法について丁寧に説明しているところも増えているのでこれらを参考にすることで比較的簡単に作成できるようになっています。

 

 

不動産査定は無料で可能!有料査定とどちらがいい?匿名で売却査定可能?

 

不動産を売却するためには、まずどれくらいで売れるのか、不動産売却相場はいくらなのかを知るために不動産査定をしなければなりません。
しかし、初めて売却を考えている方だと無料と有料の違いが分からなかったり、専門家に頼んだ方が良いのかと迷ったりします。

 

無料と有料の二つがありますが、ほぼ無料でも問題ありません。
いくつか注意しないといけない点はありますが、そこの部分を気をつけていればわざわざ専門家に有料で依頼しなくても大丈夫です。

 

大きく無料と有料の違いとなる部分ですが、有料は不動産鑑定士がしっかりと不動産査定をしますので根拠がハッキリしている分かりやすい数字を出してくれます。
不動産鑑定評価基準からの数字になりまして、不動産会社が行なう無料査定は過去の取引実績や景況を基に算出した数字です。

 

無料でも基本的に問題ありませんが有料で行なう時に有利になる条件としてあるのが、関係会社間での不動産取引、遺産相続で揉めないようにする時、賃料で揉める時などに有効的ですが、それ以外でただ売却したい時は無料の不動産査定で問題ありません。

 

何故、不動産会社が行なう不動産査定が無料になっているかと言いますと、不動産会社の営業的な意味も含まれているからです。
紹介料や仲介手数料で儲けられれば良いという考えですので査定自体は無料で行なって契約してもらおうという風になっています。
一般的に営業は購入を促しますが、売らせて欲しいと頼んで手数料で儲ける方法になりまして、各会社で競争をしているため不動産会社の一括査定を利用した方が、よりお得な取引ができるようになっています。

 

無料査定は不動産会社が査定を行ない、営業的な側面が強く、査定価額は実際の価格よりも高い金額になりやすく売却時に査定額よりも低くなるケースがあります。
有料査定は不動産鑑定士が査定を行ない、証拠資料としての側面が強く、査定価格は実際の価格よりも低い金額になりやすく売却時に査定額よりも高くなるケースがあります。

 

このような違いがありますので、どのような状況でどちらの方が利用しやすいかによって使い分けたら良いでしょう。

 

匿名で不動産査定ができるかどうかですが、詳しい査定になってしまうとどうしても個人情報を渡す必要がありますが、物件情報だけで概算価格を知れる匿名の査定もあります。
匿名なので営業の心配もありませんし、詳しい話が聞きたければ自分から連絡をすれば良いので安心して依頼することが可能です。

 

不動産無料査定のデメリットある?最高価格で売りたいなら一括売却査定サービスがおすすめ

 

将来的に不動産を売却しようと考えている場合には、不動産の査定をする必要があるでしょう。不動産を売却してそのお金で新たに住宅を購入するような時や、売却したお金で借金を減らすような場合には早めにどれぐらいの金額になるか分かった方が先の計画が立てやすいのは間違いありません。先の計画を立てることができれば、様々な点で安心を得ることができます。

 

逆にいえば、どれぐらいの査定金額になるかわからなければ先の計画を立てることができず、将来的に不安を抱えて生きていかなければなりません。特に借金を背負っている場合に関しては、果たして売却した金額でその借金を返済することができるのかがポイントになります。はっきりと返済できると分かれば安心して暮らすことができるでしょう。逆に早い段階で返済することができないとわかれば、それに応じて新たな手立てを講じることも可能です。

 

不動産売却相場を知るためには不動産無料査定を行ってくれる業者を選ぶとお金がかからなくてよいですが、一つ問題点があります。それは、不動産会社に直接訪問して自宅の査定を行ってもらうと、その不動産会社に売却をするか仲介をする流れになってしまうからです。もちろん断ることもできますが、不動産会社もプロになりますので、自分たちが欲しいと感じた物件だと判断した場合には、不動産を売却してもらおうと契約を取り付けようとするわけです。結果的に、気がついたときには契約書にはんこを押してしまっていることも少なくありません。

 

もちろん、高い金額で売却できるのならば問題ありませんが、実は他の査定業務社にお願いをした方が高く売却できるとすれば後になって後悔するかもしれません。特に住宅の場合は、業者によっても提示してくれる金額が大きく違うことがあります。中には100万円以上の金額の違いが出ることもありますので、業者選びが重要になります。

 

当然ながら、売却をするならば最高価格で売りたいと思うでしょう。これを実現するための方法の一つが、一括売却査定サービスを利用することです。このサービスのメリットは、自分が所有している不動産の価値をそれぞれの不動産会社が査定をして客観的に数字で置き換えてくれるためおおよその相場を把握することができることになります。また、複数の不動産会社に査定をしてもらうことで、一番高い金額を出してくれるところがわかりやすいことです。これにより、納得する金額で不動産を売却することができるでしょう。

 

 

 

不動産売却のプロが教える不動産査定おすすめサービス比較

 

不動産を売却する時に少しでも高く売りたいと考える人は多いと言えましょう。しかし、高く売ると言ってもいくらで売れば良いのか悩む人は多いのではないでしょうか。不動産売却をお願いする仲介業者にすべてを任せる方法もあるかと思われますが、売却が成立した後、本当に販売価格で正しかったのか、もっと高く売れたのではないかなど、疑問に感じる事もあれば後悔してしまうケースもゼロではありません。販売価格は相場に対して適切な金額であるのか、売れた金額は妥当なものなのか、不動産売却相場を把握しておけば後からもっと高く売れたかもしれない、などの後悔をせずに済みます。

 

ちなみに、不動産売却の方法には仲介業者に買い主を探して貰う方法以外に、不動産会社に直接物件を買い取りして貰う2つの選択肢があります。仲介業者に依頼をした場合には、仲介手数料として販売価格の3%と6万円を加算し、これに消費税が加わる費用を支払う必要があり、直接物件を買い取りして貰う時には仲介ではないため手数料の支払いが要らないなどの違いがあります。一見、お得なように思える直取引になるわけですが、仲介業者を通じて販売する時の価格よりも安くなる傾向が高いため、売却を急いでいる時などは効果的ですが、時間を掛けてゆっくりと売りたい場合には仲介業者を利用するのがお勧めです。

 

また、直接買い取りをして貰う場合でも不動産売却相場を把握しておく事は重要なポイントとなります。では不動産売却相場はどのようにして調べれば良いのか疑問が生じる事になります。相場価格は物件がある場所の環境、築年数や階数、間取りや方角、住居内の設備などにより変わります。これらの情報は数字などで表す事が出来るなどからも、不動産一括査定を利用すればおおよその相場を掴めます。但し、この場合の査定方法は卓上査定と呼ぶもので、現状がどのようになっているのかが加味されていません。例えば、築年数が浅い物件で南に面している物件でも、目の間に大きなビルの建設がこれから行われるなどは現地に出向いて調査をしなければなりません。さらに、室内の状況も築年数などに応じて汚れが生じる、設備の劣化などが起きる事もあります。これらは現地での調査を必要とするもので、一括査定だけでは正確な不動産売却相場を掴む事が出来ないのです。

 

不動産一括査定を利用して親身に相談に応じてくれる仲介業者を数社絞り込みする、その上で現地での調査を依頼して見積もりを作成、それぞれの見積もり額を比較する事で販売価格として適した金額、不動産売却相場を掴む事が出来ます。

 

 

不動産売却査定を匿名で行いたい場合 簡易査定を依頼したい ばれずに見積もり

 

所有している不動産を売却したいと考えたとき、少しでも高値で売却したいと考えるのは当然です。欲しいと考えている人を個人で探すのは難しいので、不動産仲介をしてもらうために、不動産会社に依頼をするのが一般的になっています。

 

仲介をしてもらう契約を結ぶ前に、いくらくらいで売却をできるのか知りたいと考えますが、その時は査定をしてもらうことが必要になります。ただ査定を依頼するとなると、家の面積や状態などを考慮しなければならないので、自宅まで来て内検をしてもらわなければなりません。

 

査定をしてもらった後は、頻繁に不動産会社から連絡が来るのではないかと嫌がる人も少なくありません。面倒な勧誘を避けたいときには、簡易査定を利用することをおすすめします。インターネットで申し込みができる簡易査定は、郵便番号や家の広さなど個人を特定しない範囲の情報を入力するだけで査定をしてもらうことができます。

 

詳細な住所や名前、電話番号を入力する必要はありませんから、匿名で査定を依頼できるようになっています。簡易査定には、1つの不動産業者だけでなく、複数の不動産業者が参加をしているので、複数から査定をしてもらうことができます。

 

自宅の近くにある地元密着の不動産業者だけでなく、全国の不動産を取り扱っている大手の不動産会社も参加していることが多いので、色んな視点から査定をした結果を受け取れます。査定を依頼することによって、複数の業者から結果を得ることができますから、複数の結果を照らし合わせることで不動産売却相場を知ることができます。

 

査定を行うときは会社によって様々な基準で出していますから、額が異なるのは当然です。複数の結果を得ることによって、不動産売却相場を知ることができますから、相場よりかけ離れている業者には注意が必要だということがわかります。

 

また査定を受けることによって、それぞれの不動産業者の特徴を知ることができますから、信頼できる業者選びの資料にもなります。匿名で依頼するので、結果を受け取った後は、不動産会社から勧誘の電話などがかかってくる恐れもありませんから安心です。結果を受け取って、もっと詳細な査定をしてほしいというときは、自分で連絡をすることになります。

 

自分から連絡をしない限り、誰が簡易査定を依頼したかはわからないようになっています。すぐに売却をしなくても、自分の不動産の価値が知りたい、目安にしたいというときに利用するとよいでしょう。

 

 

マンション簡易評価と一戸建ての相場を知りたいときどうしたらいい?

 

所有しているマンションの評価は、こまめに調べることでよりよい不動産運用に繋がります。これは一戸建ても同様で不動産売却相場を知ることは非常に重要です。とはいえその方法を把握して、問題なく使える人は限られています。一般的に考えられるやり方としてあげられるのは不動産店などのプロフェッショナルに聞くことです。ただこの行為は効果的な一方で心理的ハードルが高いという側面もあります。さらにある程度親しくならなければ教えてくれないことも多いことでしょう。本当の不動産売却相場を提示しているという保証も、内容を確かめる術もありません。こうした不安は全て相手と対峙する際の不安感に起因します。裏を返せば誰かと会うことなく、専門家としての知識を借りる方法があれば問題ないということです。

 

こうしたニーズを満たすものとして注目を集めているのが一括査定サイトになります。これは所有している物件の情報を入力することにより、現在の売却額が自動的に算出されるシステムです。しかも不動産店ごとに異なる複数の結果を知ることができます。これらの数値を俯瞰的に眺めることにより、不動産売却相場を調べることが可能です。ほぼ全てのサイトで無料で利用できますし時間を問わず活用できることも大きなメリットになります。たとえ不動産店に抵抗がなくとも、実際に足を向ける時間が無いという人にも打ってつけです。深夜であっても気軽に売却額が提示されますから仕事が遅くなりがちな人ほど使ってみるべきでしょう。

 

不動産売却相場において軽視できないポイントは、常に変動を繰り返すことです。今まで価値の低い立地であっても開発事業と連動して大幅に値上がりすることも珍しくありません。

 

逆に施設の廃止に伴い地価が下落することも考えられます。値動きに対する反応は非常に敏感で、ニュースや噂にさえならなくとも数字には顕著に表れるものです。身近に情報源となる人物がいないのであれば一括査定サイトで売却額の動きをつかんでおくべきです。もし少しでも変動が始まっているなら、そこからチャートが激しく動き可能性があります。

 

それを見越して対策を立てることが資産を守る上での心得です。まだ売る気が無いという人こそ、誰よりも不動産売却相場を知っておかなくてはなりません。マンションや一戸建ては人生の中でも大変額の大きい買い物です。それだけに僅かな変化が大きな差額になりかねませんから、常に最新の情報に更新しておくようにしましょう。

 

 

マンション査定のシミュレーション オンラインで売却価格を知る方法

 

転勤するのでマンションを買い替えたい、家族が増えたのでもっと広い部屋に住みたい、不要になったので売却したいなど環境の変化や家族構成によって、現在住んでいるマンションの売却を検討する場合、まずは自分のマンションがどのくらいの金額になるのか気になるものです。

 

不動産会社に行けばすぐに売却することもできますが、その前に相場を知っておくことは今後の予定のためにも必要になります。そんな時に役立つのがオンラインで手軽に行える査定シミュレーションで、所在地や築年数、間取りに最寄り駅、沿線などの情報を入れるだけで、不動産売却相場を出してもらえます。

 

個人を特定できる情報を入力する必要はなく、査定にかかる時間が短いのがメリットです。シミュレーションによって計算された査定額で、新しいマンションを購入する資金にできるか、いまだ残っているローン残債を完済できるのかを知ることができ、加えて仲介手数料やかかってくる経費を算出することも可能です。大体の金額がわかれば、次に行動すべき方向性が見えるので、売却時の参考に大いに役立ってくれます。オンラインの査定シミュレーションは簡単に価格を算出することのできる便利な方法ですが、注意したいのが信用性が高くないという点です。こういったシミュレーションは、蓄積された不動産情報を元に統計から相場を算出するため、価格帯が幅広いのが理由となります。

 

シミュレーションサイトは複数ありますが、それぞれで同じ情報を入力して査定すれば、数百万円単位で結果が異なることもあります。これは不動産としての問題で、所在地や築年数、マンションの構造や周辺環境だけで価格が決まることはなく、実際には部屋の状態やリフォームをして綺麗になっているかどうかなど、内装も評価額として大きく関わってきます。ただ、時間がなく、これからの方向性を定めるため大体の価格を知りたいといった場合には非常に役立つので、あくまでも目安として利用するようにしましょう。

 

査定シミュレーションを使って方向性を決めたら、次は本格的な売却に向けて動き出すだけです。不動産売却相場は、実際にスタッフが目で見て行う訪問査定を利用することで、正しい数字が算出できます。シミュレーションサイトには簡易的な査定以外にも、訪問査定を依頼することができるので、これを利用して複数社で見積もりを出してもらうと良いでしょう。1社だと足元を見た見積もりを出すこともあるかもしれませんが、複数社で競争させることによって正しい数字を教えてくれるはずです。

 

 

中古マンション査定シミュレーションをquickで行いたい!不動産を売りたい人は必ず見てください

 

中古マンションを売却するためには不動産売却相場を知っておくことが必要になりますが、これを知るためには不動産会社に問い合わせるのが一番です。不動産会社に問い合わせた場合には、適切な金額で査定をしてくれるため、どれぐらいの金額で売れるかわかりやすいでしょう。

 

 

ただし、最初から不動産会社に来てもらうよりも、より気軽に行うためにはインターネットを利用して査定をする方法がよいかもしれません。なぜなら、インターネットの場合であればそのまま不動産会社に連れて行かれることがなく契約をせずに済むからです。逆にいえば、不動産会社に来てもらった場合不動産会社に連れていかれて契約をする方向性に話が進んでしまいます。不動産会社の人でもプロですので、良い物件だと判断した場合にはそのまま不動産会社と契約するように話しを持っていき、自然な形で契約をしていることも少なくありません。

 

 

その判断が必ずしも悪いわけではありませんが、もしかしたらほかの不動産会社に査定お願いすればもう少し高い金額で査定をしてくれる可能性もあります。少なくとも2社から3社ぐらいの不動産会社の査定を比較した方がよりその不動産の相場がわかるでしょう。

 

 

これを実現する方法は、インターネットのquickを利用することです。quickを利用するためにはまず物件情報を入力して送信していきます。物件情報は住所や建物の大きさ、築年数などを入れてきますが、そのようなデータを送ると自動的に売却価格を算出してくれる仕組みがあるわけです。その内容がメールで届き実際にどれぐらいの価格になるか判断できるためその後の予定が立つ可能性があるでしょう。

 

 

この特徴は、なんといっても自動査定ですのですぐにコンピューターが査定をし返事をしてくれる可能性が高くなります。そのため、何日も待たずに済むため次の行動がとりやすくなるのが特徴です。特に忙しい現代においては、返事を何日も待っているような悠長なことをしている場合ではありません。不動産の売却だけで生活をしているわけではありませんので、早めの返事をもらい売却するかどうかを決めなくてはなりません。このようなときに即日査定をしてくれる仕組みを非常にありがたいものです。

 

 

もちろん査定をしたからといってそこで売却する必要はなく、いくつかのサイトで比較をしてみてもよいでしょう。査定に関しては料金をとるようなところもありますが、quickは無料で行ってくれますので金銭的な負担を気にせずに済みます。

 

不動産売却の簡易査定 自己査定を行うコツと注意点

 

不動産売却を行う場合は、どれぐらいの金額になるかをあらかじめ予想しておくが大事です。金額が明確でない場合には次の計画が明確にならないからです。不動産を売却する場合には、売却したお金で別の不動産を購入することが多くなりますが、その金額が明確でないとどのような不動産を購入できるかがさっぱりわからないでしょう。

 

そこで必要になるのが、不動産売却相場になります。不動産売却相場を知るためには、まず不動産会社のホームページなどで見ることができる簡易査定をしてみることが必要になります。簡易査定を行う場合には、不動産の住所と面積・築年数などを入れていき、そこからコンピューターがおおよその査定額をはじき出すことになるでしょう。

 

もちろん簡易査定の場合では明確な金額が出ないのが問題になります。簡単に査定をするときに必要な条件だけを入れてみても、実際に査定をした時と違いが生じてしまうものです。

 

実際に査定をする場合には日当たりや周辺の環境なども重要になってます。一般的に、土地の値段が高く築年数もそれほど経過していない物件であればそれなりに高く売れるかもしれませんが、すぐ隣に墓場があったり騒がしい環境のところは値段が下がってしまう可能性は否定出来ません。

 

また、不動産会社に登録した時に頻繁に電話がかかってくる恐れがあるため、うまく不動産会社からの誘いを断る必要があります。もちろん不動産会社によっては、高い金額で買取りしてくれるところもありますが、実際はいくつかの不動産会社を回ってみなければその金額が適正なのかよくわからないはずです。そのため、不動産会社から電話がかかってきたとしても一時的に保留をするようにして、ほかの不動産会社にも同じように査定をしてもらうのがよいでしょう。

 

自己査定を行う場合は、通常銀行が主体となって行うものですので銀行が金額を決めることになります。自己査定を行う場合のコツですが、やはり複数の銀行に査定を行う必要があります。ただ、不動産会社の場合と違うのは、どこの銀行でもお金を貸してくれるとは限らないことです。

 

基本的に都市銀行の場合であれば厳しい審査結果になるため、お金を借りること自体が難しい可能性があります。一度借り入れに失敗してしまうとほかの銀行からの借り入れが難しくなるため、確実に貸してくれるところに査定をお願いする必要があります。地方銀行よりも信用金庫の方が借りることができる可能性が高いため、まずは信用金庫にお願いしてみましょう。

 

 

 

 

【不動産査定 関連サイト】

 

不動産査定相場

 

不動産査定方法